【朗報】40代の顔のたるみ、改善しつつある




40歳すぎるとガチでヤバい

思い返せば39歳までは余裕だった。
不意打ちの写真でもまあ許せるレベルの老化ぶりだった。

43歳になった私のフェイスライン、本気出していかないとまずいことになっている。

ただでさえ低スペックなのに、顔までダルダルでは救いようがない。

これはいかん。
もうワンチャンあるかもしれないし(笑)引っ張り出しましたよ。

顔のたるみ改善アイテム!

リファカラットレイ

フェイスラインのたるみにはこれ。リファカラットレイ!

顎の先端から耳の後ろまでリファカラットレイを転がしていくと、スッと顔が引きあがる。

そして、耳の後ろから顎までリファを戻してくると、今度はローラーに余分なたるみが吸い込まれていく。

 

リファのすごいところは、一往復で異なる感触のマッサージが味わえるところ。


ローラーを押して転がす時はピンと張る感じ、引いて戻してくる時はつまみほぐされる感覚がすっごく気持ちいい!!

 

リファカラットレイは、フェイスラインにぴったりと這うサイズで、だらしなく弛んだ両顎のたるみに直撃してくれるんです。

フェイスラインが終わったら、鎖骨に沿ってコロコロコロコロ。
まだ大丈夫だけど、これからデコルテも弛んでくるから、今のうちからコツコツやっておく。

 

それから、たぶんマイクロカラントっていう「微弱電流」のお陰だと思うのだけど、リファを使っていると、肌の質感がよくなる。

血行が促されて顔色が良くなるだけなく、肌の表面が細やかな感じに見える。
触り心地もモチっと吸い付くようになるんですよ。

私が持っているのは、何年か前に購入したスペシャルエディション的なもの。

標準のシルバー色のキラキラリファも素敵だけど、このカラーもかなりテンションが上がる。

フェイシャルフィットネスPAO

見るからに効きそうな器具でしょ。

効きます。

 

でもこれをやるのはガッツがいる。
しかし、効くって実感してるからやれる。

フェイシャルフィットネスPAOはリファとは違って、かなりの体育会系アイテム。

 

実際にPAOを手に取ってみると、ずっしりとした重みに気づく。

マウスピースの部分を口にくわえてバーをぶんぶん振る。

 

これを口だけで支えて振るんだから、結果が出ないわけないよ。

PAOを振る時間は1回30秒。1日2回。

30秒と聞くと余裕って思うけれど、これがけっこうキツイ。

バーの先端に装着する重りは3種類。

ローズゴールドのおもりはなかなかハードなので、バーを振っているうちにしかめっ面をしていることがあるので注意が必要!

おでこにしわが寄らないように、鏡を見ながらエクササイズするのがおすすめです。

 

PAOでがんばった顔面は、リファカラットレイで優雅に流す。

これを朝晩とやり続けています。

PAOとリファ2点使いがおすすめだけれど、どちらか一つを選んでと言われたらPAO。

 

私の中でリファは美容アイテム。PAOは筋トレ。運動器具の位置づけです。

もし一番の悩みがたるみだとしたら、まず最初に購入すべきはPAOでしょう!

 

割とすぐ結果が見えてくる件

リファカラットを使い始めてすぐ、元夫に「痩せたね。」と言われたし、
友人からも「エステ行ったの?」と聞かれた。

PAOは人に言われるまでもなく自分で気づく。

 

車の助手席に乗っていてふと見たドアミラーに映った顔!

輪郭がPAOする前と明らかに違う!!

それに気づいたのは、PAOを使い始めて5日も経たないうちだった。

こういうのって「なかなか結果が見られないけど信じてコツコツやる系」かと思っていたから、この体感の早さには驚きました。

 

もしかしたら40代ってこともあるのかも?

若くてたるみの少ない女性だったら、こうすぐには体感できないのかもしれない。

 

とにかく結果がすぐに見られるので、楽しく続けられる。

 

リファカラットレイはちょっと高いけれど、劣化したり摩耗していくものではないから、たるみが深刻化する前から使っておきたい。

PAOの方は、バーが折れたりマウスピースが汚れてきたりというような経年劣化があるようだけれど、私は2年程使っていますが、今のところ新品のようなコンディションを保っています。

こちらは付け替えパーツもあるし、もともとがびっくりするほど高くはないので、買い替えてもそんなに痛くないんじゃないかと。

PAOのお値段はジムの月会費1か月分ぐらいだし効果は抜群だし、かなりコスパは良いと思われます。

 

1日3分!継続するしかないのだ

PAO 1分 リファ2分 、合計3分を朝晩1回ずつ。

リファもPAOもやり続けないと元の顔に戻ってしまう。

 

この半年間、離婚話からの別居、新しい生活に全ての体力と気力を使っていたので「きれいになりたい」と考えることすらなかった。

やっとメイクをしたいという気持ちが戻ってきたのに、鏡の中の私の顔はおばさんを通り越しておじさんだった。

 

私のたるみアイテム、売らなくてよかったよ!!
リファとPAOは期待通り、今回もやってくれています。

 

再開してすぐに、フェイスラインがきゅっとなって、肌の色が明るくなる嬉しさ。

ファンデーションを塗っていても、肌が内側から光っているような感じ。

リファを転がす度に、硬くこわばっていた肌がほぐされていくと、モヤモヤしている心まで柔らかくなっていく。

 

菅谷
これだよこれ!この感じが女には必要なんだよ!!

 

1日6分、リファをPAOをやり続けたらどんな顔になるのか、、、楽しみすぎる。




よろしければ記事をシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です