香水+保冷剤=芳香剤!?消臭もできる優れモノを作ってみた




余った香水を活用したい!

使いきれない香水の捨て時が分からない。

キレイな瓶だとなおさら、もったいなくて捨てられない。

そこで、余った香水の活用の仕方を調べみたところ、香水瓶に竹串を指すだけでリードディフューザーができるとあった。

しかし、残念なことに我が家には爪楊枝しかない。

いま家にある材料で作れるものはないかと探してみると、香水と保冷剤でルームフレグランスができるという記事を見つけた。テレビでも紹介された保冷材のアレンジ法だと言う。

しかもこのルームフレグランスは、芳香だけではなく消臭もしてくれるというのだ。

早速、いつ購入したか思い出せないマライア・キャリーの香水で、消臭芳香剤を作ってみた。

なぜ保冷剤がルームフレグランスになるの?

保冷剤のジェルに含まれた水分が蒸発する際に、混ぜ合わせた香水の香りが拡散されるから。

保冷剤ルームフレグランスの材料と作り方

材 料

 香水

 保冷剤(凍らすとカチカチになるタイプ)

 容器

 混ぜる用スプーン

保冷剤は100均で購入したものを使ったが、ケーキなどについてくる保冷材でもできる。

無色の保冷剤は、絵具や水性マジックで色付けしても楽しい。

また保冷剤は、冷凍庫に入れるとカチカチに固まるタイプのジェル状のものを使用すること。

なぜ保冷剤には消臭効果があるの?

保冷剤の中に入っているジェル状のものは、水と吸水性ポリマーでできている。
このジェルの凸凹の形状に、嫌な匂いが吸着することで、消臭効果がもたらされる。

作り方

  1. 保冷剤のジェルを容器に移す
  2. ジェルに香水をスプレーする
  3. ジェルと香水を混ぜる

画像で見る保冷剤ルームフレグランスの作り方

保冷剤のジェルを容器に移す

保冷剤を容器に移す。

ジェルが冷えて固まっている場合は、湯煎で柔らかくするとよい。

ジェルに香水をスプレーする

保冷剤40gに対し、香水を10回プッシュした。

香りの強さはお好みでどうぞ。

ジェルと香水を混ぜる

スプーンなどで香水とジェルを混ぜ合わせる。

これで保冷剤ルームフレグランスは完成だ!

作ったあとに注意すること

注意すること

 保冷剤の水分が飛んで乾いてしまたったら捨てること

 捨てる際は可燃ゴミで捨てること

 小さい子どもの手の届かないところに置くこと

特に注意したいのは、小さいお子さんがいる家庭の場合だ。

子どもにとってこのジェルは魅力的だ。ダメと言ってもつい触りたくなってしまうだろう。
吸水性ポリマーは手触っても問題はないが、子どものおもちゃにならないよう、また誤飲しないためにも、手の届かないところに置いておくことを徹底したい。

我が家では靴箱の高い段のところに置くことにした。
この芳香剤には消臭効果もあるので、トイレにもちょうどよい。

ジェルが固まってきたら水分を足すことでぷるぷる感を取り戻すことができるが、消臭効果が薄れてくるようなので、新しいものと交換し、次の香りを楽しんだ方がよいと思う。

今まで気にも留めていなかった保冷剤が、余った香水をプラスすることでルームフレグランスになるとは新しい発見だった。

作る工程は簡単だがなかなか面白かったので、ぜひお試しいただきたい。

追記:一週間後の保冷剤ルームフレグランス

保冷剤フレグランスを下駄箱に置いて、一週間たった様子。

かなり少なくなっているのがお分かりいただけるだろうか。

途中、何度か香水を足したが、それ以外の水分は加えていない。
この調子では、保冷剤40グラムでは二週間は持たないと思われる。

しかしこの一週間、我が家の玄関は高級感に溢れていた。

保冷剤でルームフレグランスを作ったことを忘れてしまい、「なんでこんなにいい香りがするんだろう?」としばらく疑問だった。とにかく香り方がいい。

ふんわりと香るのだが、香水のフレーバーはしっかりと残っている。肌に香水を付けた時とは違い、香水そのままの香りがいつまでも続いているのは、こんなにも良いものかと思った。

家にあるものでこれだけのものが作れるのなら、これからは芳香剤は買う必要がない。この次は、古くなったCK-oneで爽やかな芳香剤を作りたいと思う。暖かくなってきた今の季節によく合うだろうな。




よろしければ記事をシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です