別居後メルカリとヤフオクで生活できる気がしてきた




想定外!コロナで働きに行けない

別居後半年間引きこもっていたが、そろそろ働かなければまずいと思い始めたのが3月中旬。

しかし、10年間も仕事をしていないし、すぐに使ってもらえるような資格もない。自分のスペックが社会的にキビシイものだということは十分承知していた。

好きな仕事をしたい!なんて言える分際ではないから、43歳で職歴がなくてもできる仕事を探すために、求人サイトに登録する。

結婚後始めて職探しをしたが、お金を稼ぐ手段は結構あるもんだなと感じた。

学生時代の頃、書籍の仕分けのアルバイトをしたことがあったので、軽作業の仕事を狙っていた。地方に住んでいるので、倉庫や工場はたくさんある。

求人情報を見ていると、住まいからすぐ近くのスーパーやホームセンターのアルバイトもあって、まずどこから連絡しようかと悩んでいた。その時はまだコロナウイルスで外出自粛をするような状況になるとは思っていなかった。

それから、あれよあれよという間にコロナウイルスの感染は拡大していき、娘の通う学校が休校、そのまま春休みに突入し、その後学校が再開してまたすぐに休校が発表された。

「なんとかなるでしょ」を口癖にしている危機感が薄いタイプの私は、とりあえずいらないものを売っとくかとヤフオクとメルカリで物を売ることを考え始めた。根っからのオタク気質なので、パソコンでの作業は全く苦にならない。

ボチボチではあるが20年近くヤフオクで出品してきた私は、メルカリへの参加もまったく抵抗がなかった。

メルカリについて勘違いしていたこと

勘違いしていたこと

 オークション形式で売り出すのだと思っていた

 パソコンから商品を出品するのかと思っていた

ヤフオクばかりやっていた筆者は、メルカリもオークション形式だとばかり思っていた。

ヤフオクにも出品側が設定する即決価格というものがあるが、競り落としてもらうスタイルで出品するのが主流だ。

一方、メルカリは出品者側が販売価格を決め、定価で売っていくスタイル
購入したい人は出品者に値下げ交渉をすることもできるという。

それから、商品の出品について。

メルカリはケータイのアプリから出品する。

もちろんPCからも出品できるのだが、ケータイから出品した方がかなりラクなのだ。

筆者は、画像はカメラで撮って作業はPCでする、という段取りを踏まないと気がすまない古い人間なのだが、アプリでの出品は操作も簡単で、作業時間も短くてすむことが分かった。

アプリでちゃちゃっと物が売り出せてしまうなんて、インターネットをするにはPCしかなかった時代の人間にとっては衝撃的だった。

メルカリ豆知識その1 -メルカリとは?-

スマートフォンを使ってインターネット上で物を売ったり買ったりするところ。
スマホからメルカリのアプリをダウンロードして参加する。

メルカリ初心者がまずやったこと

 自分のプロフィールをきちんと書いた

 「良い評価」を3まで増やした

自分が出品する前にまず、プロフィールをきちんと書くことと、評価をゼロから3まで増やすことから始めた。

この作業は、お客さんに対して「私はヤバいやつではないですよ」とアピールするためのもの。メルカリで物を売りたい場合はやっておきたい作業だ。

ちなみになぜ評価を「3」まで増やすかと言うと、実は深い意味はなく、3ぐらいあればお客さんに安心してもらえるかなと思ったからだ。

それでは、プロフィール欄には何を書いたらいいのだろう?

プロフィール欄は空欄の人もいれば、ものすごい長文でマイルールを書いている人もいる。

メルカリのプロフィール欄の有効的な使い方は、自分がどれだけ誠実な取引ができるかを簡潔に書くことだ。間違っても自己紹介を長々と書いてはいけない。

例えば、「初心者で不慣れなこともあるかもしれませんが、誠意を持って最後まで対応させていただきます。」とか「値下げ交渉バンバン対応します。」とか、「購入者様に不快な思いをさせないよう、丁寧な梱包を心がけております。」などと書くといい。

自分に無理のない範囲で、お客さんにできることをさらっと書くのがポイントだ。

それから、お客さんにとってリスクになりそうなことも書いておいた方が良い。
例えば、「当方の家ではペットを飼っています。」とか「我が家には喫煙者がいます。」など。このような事実を隠して、段ボールの中に犬の毛が入っていました!たばこの匂いが気になりました!などと悪い評価をつけられるのはマズい。

このような感じでプロフィール欄を仕上げたら、次は評価をゼロから上げることをした。

評価を上げるには自分が購入者となって、出品者から買い物をするしかない

メルカリは安いものも多いし、送料は出品者負担のものが多い。
安くていいものがみつかったら購入し、それを3回繰り返す。

購入後すぐに支払いをすませ、コメント欄から「購入させていただきました。よろしくお願いします。」と入れておけば、出品者からほぼ間違いなくに良い評価をもらえると思う。

良い評価が3つになったところで、出品をスタートさせた。

メルカリ豆知識その2 -即購入可とは?-

メルカリのタイトルや商品説明欄を見ていると「即購入可です」という記載をよく見る。
これは購入前に「買ってもいいですか?」と出品者に尋ねずに購入してOKという意味である。

メルカリで何を売るか?

 子どもが使わなくなったおもちゃ・服

 手持ちの「未使用」のもの

元手を掛けずにお金を得るには、手持ちの品を売るしかない。

私がまず売り出したものは子どものおもちゃだ。

娘がまだ幼かった頃に使っていたおもちゃ。
アンパンマンやサンリオのような誰もが一度は通るキャラクターものなら売れるのは早い。そのようなおもちゃをきれいにして売ることにした。

正直あまり大きな金額にはならないが、子どものおもちゃはリサイクルショップに持って行っても50円か良くても100円ぐらいにしかならない。

少しの手間でその10倍以上のお金が手に入るのだから、よしとしよう。

次に子どもの洋服

状態の良いアウターやめったに着ないドレスなどは売れゆきがよかった。

一度しか袖を通してない入園式の洋服とか、法事に参列した時の服、ハロウィンに着た衣装があればすかさず出品した。そのシーズンに売ることができれば、もっと良い値をつけても売れただろう。

それから「未使用」のものも出品した。

お金を出すなら中古品より未使品の方が良いと思うのは当然の心理だ。

箱ごと残っているタオル、いただきものの写真立て、化粧品のサンプル、ハイブランドのショッパー、かぶったガチャガチャのおもちゃ、景品、お土産、未使用品は家を探すと結構出てくる。

それらをまとめて出品したり、他の品物と抱き合わせて出品した。

メルカリ豆知識その3 -メルカリの手数料はいくら?-

販売価格に対し10%の手数料がかかります。

その他に送料を負担するケースが多いので、手数料と送料を引いた額が自分の手元に入ると考えておいた方がよいでしょう。

メルカリとヤフオクだけで生活できるか?

今のところ「できている」と言って良いと思う。

我が家は女二人。娘はまだ小さいのでそれほどお金はかからない。
食費に至っては、夫と暮らしていた頃から比べると半分以下ですんでいる。

メルカリをメインにヤフオクも使っているが、ありがたいことにそれらの売り上げだけで食費はまかなえている

ただし、不用品の販売というのはいつかは尽きる。

そこからは、品物を仕入れたり工夫をしていかなければならない。

しかし、元手の掛からない不用品を売ることで、メルカリでの出品の仕方や売れそうな品物を見分ける目を養っておけば、次のステップに行く時にに大いに役立つ。

仕事が決まるまでの食いつなぎもよし、本業にするもよし、お小遣い稼ぎにも、メルカリのやり方は覚えておいた方が絶対にいい。

メルカリ豆知識その4 -メルカリのユーザー層って?-

女性、主婦層が多い。
子どもの物や生活雑貨などが売れやすい。

ちなみにヤフオクは、男性率も高くプロも多い。
高価な物や男性向けの品物は、ヤフオクを使った方がよいと思う。

この次は、筆者がメルカリを始める際に、覚えたことを書いてみたいと思っている。




よろしければ記事をシェアしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です